塗り替えの必要性


防水・塗装の塗り替えの意味とは?

そもそも、なぜ防水や塗装の塗り替えが必要なのか考えて見ましょう。建物の塗装を・・・

そもそも、なぜ防水や塗装の塗り替えが必要なのか考えて見ましょう。建物の外壁や屋根はコンクリートや金属、木材やスチールなどでできています。この材料はほとんどすべて、塗装やコーティングや張り物を施しています。(ほとんど塗装)毎日のように雨・風・太陽・ホコリ・カビ・湿気などにさらされています。考えれば考えるほど痛んでくるのはわかってくると思います。
だんだんと痛んでくれば、塗装の中(下地)まで痛んできます。下地が痛めば家そのものが痛みだし大きなダメージを与えていきます。そういうことの無いように塗装や防水でコーティング・塗膜を形成するのです。
もうひとつの意味は美観です。皆さんの家の外壁や屋根などをいろんな色でかっこよく、きれいに見せることです。実際に家に住んでいて汚い家よりきれいな家のほうが良いに決まってます。
また、塗り替えやリフォームをすることにより家自体の資産価値を高めます。
このような意味が防水や塗装の塗り替えをする大事な意味だと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakamuratosou.com/mt-cms/mt-tb.cgi/367

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

▲ページ先頭へ戻る