独自の強み


外壁診断士

あらゆる角度から外壁の雨漏りや劣化の診断などを行うために

いろんな資格を所得中です。
赤外線建物診断師や外壁診断士は資格を取りました。
あとは、雨漏り診断士と外装劣化診断士を所得します。
これらの資格の取得には理由があって、根本的には外壁や屋根からの雨漏りをなくすことが一番の目的で普通に見ただけでもわかるのですが,プラスアルファでより一層の診断やなどができるようになると考えました。
実際に試験や講習などを受けてみると知らなかったことややっぱりそういうことかなど勉強になることがいっぱいですし、新しい知識も増えて自信も出ます。
一度、屋上の防水、外壁塗装の部分などで雨漏りをしている物件があり今までは大体わかるのですが雨漏りが止まらなかった物件があり今までの経験が通用しなかったことがあります。
はっきり言って自信はあったのですが見抜けなかったことに対して鼻ををへし折られた感じでこのままではいけないということで新たな知識や経験、違う角度からの目線などを取り入れたくてただ今、いろんなことを猛勉強中です。
特に資格自体はあってもなくてもそこまで変わらないと個人的には思っているのですがそれを勉強することに意味があると思っています。
実際に、すごくためにもなりますしすぐに実践に移してやってみるとすごく面白いです。思っていることや経験が画像に出たり、思っていたことなどが確定するみたいな感覚で楽しいですし自信に満ち溢れている感じです。
このところ雨漏りの問い合わせが多いのですがやはり、すべてのことを知った上での診断はすごくいい感じにできます。
また、理屈などを知ることによりすごく診断の幅が広がりますし、特定などもスムーズに行えます。
ただ単に資格を取っているだけでは無意味かもしれませんが勉強すれば知識量も増えてすごく役に立ちます。
外壁塗装や、屋根の塗装、防水工事などを行っていて雨漏りの依頼も多いのでその期待に応えるためにも日々勉強です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakamuratosou.com/mt-cms/mt-tb.cgi/785

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

▲ページ先頭へ戻る