独自の強み


ボンドブレーカについて。

IMG_5513%20c.JPG

サイディングなどのシールを打つときに3点密着と2点密着があります。
写真では目地の奥に青色のテープが張ってあります。

これはボンドブレーカーというもので2点密着用のテープです。
シーリング工事を行うときに外壁などの土台部分にあたる場所に張ります。
奥の土台部分にシールがつかなくなるようにして2点密着に仕上げます。
また、バックアップ材を詰めて2点密着にする工法もあります。
意味合いとしては土台部分につくことによって本来の横の動きに追従しなくなるため割れが起こりやすくなります。
動きに追従させるためにあえて奥側を密着させないようにして本来の動きに対応できるようにします。
意外とこれだけでもシール部分の割れ具合などが変わります。
サイディングの外壁塗装やALCの外壁塗装の際には2点密着が良いです。
(場合や劣化具合にもよります)
これすら知らない業者もいてますので外壁塗装の際はシーリングも気にしたほうが良いですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakamuratosou.com/mt-cms/mt-tb.cgi/802

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

▲ページ先頭へ戻る