塗り替えの必要性


屋上、塩ビシート防水を行います。

かなりの劣化具合で雨漏りが発生しています。

既存がゴムシートだったので撤去して下地処理を施してからウレタン防水を行う予定でしたがあまりにも劣化がひどく、また下にアスファルトのシート防水が施されていました。

これはなかなか剥離するのが難しいということで塩ビシート防水の機械固定に変更します。

仕上がりは勿論どちらでもきれいになりますが、下地の処理や撤去具合などが変わります。

塩ビシート防水のほうが値段は基本的には高いのですが下地処理や既存のシートの撤去具合を考えるとほぼほぼ同じ値段での施工が可能です。

もちろん塩ビシートですから長持ちしますし保証も10年出ます。

屋上などは特に雨漏りがしやすいためドレン部分なども重点的に補修を行い雨漏りがおきないように施工します。

この物件は雨漏りがおきており、かなりの傷み具合です。

人間で言うと頭のような場所になりますので大事に丁寧に施工します。

たまに補修で直らないかなどの依頼や相談を受けることもありますがここまで劣化状況が進むとはっきり言ってどうにもなりません。

色々な防水の施工方法がありますが一から防水を立て直す気持ちでキレイに仕上げていきます。

雨漏りなどで中の木部や土台などが劣化する、傷む前に施工することをお勧めします。


中村塗装 外壁塗装 防水工事 雨漏り 大阪市 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nakamuratosou.com/mt-cms/mt-tb.cgi/814

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

▲ページ先頭へ戻る